サポート エンジニアとして働く仲間を募集しています!

Last Update:

こんにちは、Exchange/Outlook サポート チームの竹本です。

マイクロソフトでは、2021 年中にさらなるサポート ビジネスの強化に向け、サポート エンジニアの募集を行っています。
今回、私達 Exchange/Outlook サポートでも同様に採用活動を促進しており、今一度その魅力をお伝えできればと思いこちらで少しご紹介をさせてください!

動いて当たり前! メッセージングに秘められた技術

皆さんは日々どれだけのメールを送られているでしょうか。
今やメールを送るという行為はビジネスでもプライベートでも当たり前になりすぎて、その数を意識することも、裏で動作している技術について想像することもないのではないのではないかと思います。
実際にこのようなポジションのご紹介をしている中で、「メールに関する技術は持っていないので、、、」 とお話される方も少なくありません。
でも少し待ってください! “メールを届ける” というシンプルな行為の裏では、実は本当にたくさんの技術が関わっているのです。

例えば Exchange Server は Windows Server 上で動作するサーバー アプリケーションであり、構成情報やユーザー属性は全て Active Directory で管理されています。メールですから、全ての通信は様々なプロトコルを用いてネットワークを流れることとなり、送受信したメッセージはデータベースに格納され、その可用性はフェールオーバー クラスタリング技術の上に成り立っています。
そしてデータ参照には Web ブラウザーモバイル アプリケーション、また私たちの製品である Outlook といったような、クライアント アプリケーションが利用されます。

どうでしょう。関連する技術要素を少し書き出しただけですが、どれか 1 つでもピンときた方は少なくないのではないでしょうか。
そうなんです。皆さんのそのピンときた領域における技術を最大限生かしていただける場所、そしてそれ以外の領域についても幅広く技術力を培っていくことのできる場所、それが私達マイクロソフトの Exchange/Outlook サポートチームになります。

クラウドのサポートに関わる技術

では次にクラウドはどうでしょうか。もうお分かりですね。答えはオンプレミスと同様です。

例えば Exchange Online の認証は全て Azure Active Directory で行われており、その認証や ID 管理に関するナレッジを活かすことが可能です。
またもう一つ代表的な要素として、リモートワークの普及により働き方の多様化が進む一方で重要視される、セキュリティとコンプライアンスという領域が挙げられます。
意図しないデータ流出を防止するための Data Loss Prevention (DLP)、保存されたデータの検索や、それに対して行われたオペレーションの監査、そして発生したコミュニケーションの追跡等、M365 には様々なセキュリティ機能、コンプライアンス機能が備わっています。そしてこれら情報を柔軟に扱うための Microsoft Graph を利用したアプリケーション開発も、盛んに行われています。

クラウド環境のメッセージング システムをサポートするということは、これら機能も同様にサポートするということになります。
“Exchange” や “Outlook” という単語からは想像できないほどの可能性が秘められた領域であることが、少しでもイメージいただけたのではないでしょうか!

技術だけではない、サポートエンジニアの “力”

こうして技術的な用語を中心に並べていくと、「やはり自分にはちょっと、、、」と、逆にハードルを高く感じられてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
私達サポート エンジニアは技術職ですから、当然技術力は必要と考えています。ただし入社時点で必ずしも高い技術力をお持ちである必要はありません!それ以外にも皆様がどのような強みをお持ちなのか、そして今後、技術力を高めていける方なのか、こういった点もとても大切にしています。
コミュニケーション能力顧客交渉力案件管理能力英語力、、、実際に様々な持ち味を武器に入社され、入社後に技術力をめきめきとつけて活躍されている社員も大勢います。
そうなんです、どんな方でも輝くことが可能なのです!

ハイブリッドであることの強み

最後に、私達のチームは、オンプレミス製品とクラウド サービスを共にサポートしている、いわばハイブリッドなチームです。
つまり、オンプレミス製品のサポート業務にてデバッグやソースコード解析まで、どこまでも深く技術を追求することが可能であり、そしてそこで得た製品知識や “裏の動作” を踏まえたうえで、クラウド サービスのサポートでは、開発部門とより効果的かつ技術的に深みのあるコミュニケーションを行うことが可能となります。

長文となってしまいましたが、ここまで読んでいただき少しでも私たちの業務に興味を抱いていただけた方、是非サポート エンジニアのロールにチャレンジしてみませんか!?
今回は Exchange/Outlook チームの魅力にフォーカスした内容となりましたが、CSS やサポート エンジニアそのものの魅力については、以下でもご紹介しております。よろしければ是非こちらもご参照ください!

募集要項や応募はこちらから!

Support Engineer (Exchange & Outlook) in Tokyo, Tokyo-to, Japan | Services at Microsoft

また、興味はあるけどいきなり応募はちょっと…という方、オンライン説明会も定期的に開催しておりますので、是非こちらでカジュアルにお話いたしましょう!お気軽にお申し込みください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
今後も当ブログおよびサポート チームを、よろしくお願いします。